フランチャイズと直営店の違いは?

チェーン展開の基礎的知識

チェーン展開と言いますのは、同一のブランドでいろいろな店の運営管理を拡大していく経営スタイルという特徴があります。 通常の場合、同一のブランドを地域毎に開業するスタイルをとります。 ファーストフード、あるいはファミリーレストランを代表とする外食産業、或いはコンビニエンスストアなどの小売業では、浸透している経営スタイルです。 同一のブランドのため、外観、あるいは看板に関しても一元化されています。 いずれの店でもそれ相応のクオリティに保持されたサービスを享受できることから、ユーザーにとって使用し易いのが、チェーン店の特色です。 運営管理的な角度からすると、チェーン展開は、販売品の統一であるとか、素材の多量購入による買い付けコストの節減効果が見込めます。 加えて、非常に大きなチェーン店になればなる程、ブランドによるコマーシャル効果が生まれます。

直営店及びフランチャイズの二つのタイプがあります

フランチャイズチェーンは、直営店及びフランチャイズの二つの種類が存在します。直営店に関しては、FC本部そのものが出資し、オープンした店になります。運営に関しても、本部従業員で行うのが特色になります。直営店については、本部が多種多様な検証が行えるという利点があります。通常の場合、チェーン展開前に、まず第一に直営店によって運営テクニックを積み重ね、実績を持ってフランチャイズ店を推し進めていきます。 それに対して、フランチャイズ店は、FC本部に加入する加盟店ということを意味します。店に店のオーナーがいて、本部と別の法人並びに個人事業主がマネージメントします。フランチャイズチェーン店のオーナーになることの利点はやはり着実なブランドを利用し、運営管理ができることです。

© Copyright Franchise Works. All Rights Reserved.